log

日記です

アーキテクチャ

フレームワークの上で開発しているといろいろ調べたりコード読んだりする必要が出てきて、なんかストレス溜まるし、一から書いたほうが早いのでは、みたいな気持ちになることがある。
実際はちゃんと逃げ道を用意してくれていたり、DIっぽくその処理は外部から注入できますよ( LaravelならXxxProviderとか )という風になっているので、ドキュメントをちゃんと読めば解決する。それでも試行錯誤してしまうけど。ある程度思想を理解しないといけない為だ。
この気持何かに似ているなと思ったら、人が作ったシステム・アーキテクチャの上で開発するときの気持ちに似ているかも。
join時の痛みで、有る種の成長痛である場合もある。
あまりにもやりたこととミスマッチしていたり、変更しづらすぎる、追加開発をしすぎて複雑になってしまっている、また開発者に業務知識が十分にある(どう作ればいいか知っている)場合だと一から書いたほうがいい場合もあると思う。

自分でアーキテクチャを設計し、継続的に開発して育てていく感じなら、こうはならずに使いやすいように随時少しずつリファクタしていけると考える。そういうのいいな。

laravel-adminで独自ログイン認証を実装

github.com

基本は上記のとおりでいいが、Model(Authenticatable) に下記をmixinする必要がある。

対象trait

Encore\Admin\Auth\Database\HasPermissions;
Encore\Admin\Traits\AdminBuilder;

対象interface

Illuminate\Contracts\Auth\Authenticatable;

// admin_permissionsとかadmin_operation_logを本当は無効にしたいがめんどいのでやっていない

pythonとphpで相互に暗号化/復号化を行う

pythonで `Simple-AES-Cipher` を使って暗号化された文字列を復号化する。

`Simple-AES-Cipher` を使った場合デフォルトの暗号化方式はaes-256-cbcで、initialization vectorにランダムの文字列が使われる。
返り値はinitialization vector + 暗号化された文字列のbase64となる。

phpでは以下の手順をふみ、復号化する。

  • base64デコード
  • initialization vectorと暗号化を分ける。
  • openssl_decryptにそれぞれのパラメーターを渡す

以下テストコード。

'12345678901234567890123456789012' を共通で使用するkeyとする。

python で "php man" を暗号化

from simple_aes_cipher import AESCipher

cipher = AESCipher('12345678901234567890123456789012')
cipher.encrypt('php man')
# 0DbgJCpQDDvH8vNs1teJWaSk3U7mGsEdnA/mfg3r0bw=

php で "php man" に復号化

<?php
$key = "12345678901234567890123456789012";

$encrypted_by_python = '0DbgJCpQDDvH8vNs1teJWaSk3U7mGsEdnA/mfg3r0bw=';

$decoded = base64_decode($encrypted_by_python);
$iv = substr($decoded, 0, 16);
$encrypted = substr($decoded, 16);

$encrypted = openssl_decrypt($encrypted, 'aes-256-cbc', $key, true, $iv);
// php man

無事OK。

vi(initialization vector)ってなんだ

initialization vectorはECBモードの脆弱さをなくすために作られたらしい。

CBC暗号モードの初期値は、敵から見えてもかまわないことになっていますが、毎回違う値を利用することが推奨されています。

ふーむ。

ブロック暗号モード(block cipher mode)

CBCモードでは、前の平文ブロックを暗号化した結果を次の平文に XOR 演算によって重ね合わせ、その結果に対して暗号化処理を行います。

なるほど。ECBモードに存在した、

  • 同じ鍵で暗号化したデータは同じ暗号文になるため、元の平文データを推測しやすい。仮にphp manの暗号文がxxx だった場合、xxxという暗号文はphp manという事がわかってしまう。
  • 改ざん検知機能がない

っていうのを改善しているわけだ。改ざん検知機能は不産物感あるな。

少しずつしか上手くならない

でも、いろんなことが少しずつうまくなってきている気がする。
同時進行でいろんな可能性を探って、いろんなところに投資していくと小さな芽がでていくなって。
ホントは「えいやっ」でやってみただけだけど。

オンラインでEBSのボリューム拡張した

昔できなかったのに、2017年ぐらいからできるようになったらしい。

デフォルトの8GBのEBSだけをマウントしているインスタンスで実行。

手順は以下。

1. aws web consoleでボリュームを拡張。50GBに。
2. /dev/xvda1 パーティションが切られていいたため、パーティションサイズを拡張
3. resize2fsでディスク領域を拡張

# ディスクを増やしてもパーティションサイズが8GBのまま
[ec2-user@xx ~]$ lsblk
NAME    MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
xvda    202:0    0  50G  0 disk
└─xvda1 202:1    0   8G  0 part /

# パーティションサイズを拡張
[ec2-user@xx ~]$ sudo growpart /dev/xvda 1
CHANGED: disk=/dev/xvda partition=1: start=4096 old: size=16773086,end=16777182 new: size=104853470,end=104857566

# 50Gになっていることを確認
[ec2-user@xx ~]$ lsblk
NAME    MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
xvda    202:0    0  50G  0 disk
└─xvda1 202:1    0  50G  0 part /

# マウントしているパーティションはまだ元の容量のまま
[ec2-user@xx ~]$ df -h
ファイルシス   サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
/dev/xvda1       7.8G  7.8G     0  100% /
devtmpfs         993M   56K  992M    1% /dev
tmpfs           1001M     0 1001M    0% /dev/shm

# 拡張
[ec2-user@xx ~]$ sudo resize2fs /dev/xvda1
resize2fs 1.42.12 (29-Aug-2014)
Filesystem at /dev/xvda1 is mounted on /; on-line resizing required
old_desc_blocks = 1, new_desc_blocks = 4
The filesystem on /dev/xvda1 is now 13106683 (4k) blocks long.

# 無事50GBに増えた。
[ec2-user@xx ~]$ df -h
ファイルシス   サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
/dev/xvda1        50G  7.8G   42G   16% /
devtmpfs         993M   56K  992M    1% /dev
tmpfs           1001M     0 1001M    0% /dev/shm