ぶろぐ

日記です

電動自転車を買った

ゆくゆくは子供を二人載せても容量が十分なやつ。
「新しい自転車」というのが楽しくて近所を走ってきた。最高だな。
これで子供を保育園に送って仕事に行くとか最強すぎる。
服にも時計にも車にもお金はかけていないが、生活で使うものにはお金を掛けて良いものを買うの、最高すぎる。

CannotStartContainerError: Error response from daemon: failed to initialize logging driver: failed to create Cloudwatch log stream: ResourceNotFoundException: The specified log group does not exist. status code: 400, request id: xxx

  • タスクロール ecsTaskExecutionRole はCloudwatchLogsのグループを作成する権限がないっぽい
    • こういうのが出る CannotStartContainerError: Error response from daemon: failed to initialize logging driver: failed to create Cloudwatch log stream: ResourceNotFoundException: The specified log group does not exist. status code: 400, request id:
    • 初回だけ手動で作ればOK
  • 起動タイプをEC2にした場合、自分でEC2を起動してクラスタにjoinさせる手順が必要

いろいろ知らなくてハマったのでメモ

sam local start-apiで Invalid API Gateway Response Keys: set([u'multiValueHeaders']) が出るとき

今の最新バージョンは、sam local start-apiコマンドに multiValueHeaders 対応が入っていないというバグがあるっぽい。

ローカル検証用に起動するコマンド
sam local start-api
samのバージョン
sam --version
SAM CLI, version 0.16.1
対処方法

未だリリースはされていないが、developブランチには修正pull-requestがマージされている。
brewを使って最新のソースコードを使用してビルドする。

brew uninstall aws-sam-cli
brew install --HEAD aws-sam-cli

ここで言及されている。次リリースされるらしい。

github.com

Goだと多分全部のリクエストでコケる


なるほど。他のruntimeはどうかわからないが、Goを選択した場合APIGatewayProxyResponseのMultiValueHeadersにomitemptyがついていなくて、いかなる場合でもresponse bodyにmultiValueHeadersが含まれて全部のリクエストでNGになってしまう感じか。これomitemptyつけてもいい気がするけどな。

github.com

おそらく他のランタイムだと multiValueHeaders キーを作らずにresponseを返すことができて、その場合はエラーにならないから気づかかなかった and 修正の優先順位が低かったとかなのかな。(違うかもしれないけど)

バイクを磨く

f:id:ariteku:20190401121048j:plain

嫁氏がバイクを売るとのことだったのでビッスクーターを磨いた。

それだけで体が筋肉痛になった。どれだけ運動不足なんだろう。

上の画像になっているものを使おうと思ったが、結局はコンパウンドと真ん中のワコーズのやつだけ使った。

ワコーズのやつはざっくり言うと水がなくても洗車できる優れもの。油分があるのかな、少しワックスかけたみたいになる。

サビが雨で流れて外装にこびり付いていたので、コンパウンドで磨いて取り除く。これはいい。ついでに全体的に磨いた。これのせいで筋肉痛。メッキも磨いたら輝きを取り戻した。よく見たら コーティングクリーナー、ポリッシュ、コーティング のすべてやってくれらしい。ワックスかけたようになったのはこいつのおかげか。

あと、左から二番目のやつ、これは樹脂?スクーターの内側のプラスティックのツヤを取り戻すことができる優れもの。

でも時間なくて使えなかった。

磨くだけでもかなり綺麗になったので満足!

KTM 640 LC4 Supermotoを20万で買ってみた

悩みに悩んで、ヤフオクでポチった。えい。

平成18年式、西暦2006年のバイク。12年前のバイクになるとは、結構昔だなぁ。
20万で買えるというのは安いと思う。Dトラッカー250を20万で買うなら、車検の維持費はかかるがKTM640を買ったほうがお得感がある。この値段なら最悪2年乗って壊れたら捨ててもいいと思ったが、調べてみるとエンジンヘッド周りメンテナンスを行ってあげれば結構持つみたいだ。ロッカーアームのベアリングがやられるらしい。購入したKTM640は1万キロしか走っていないので、当分はエンジン周りのメンテは不要っぽいし、ヘッド周りのメンテなら自分でもできそうなきがする。

あとはKTMユーザーには定番と噂のウォーターポンプシールの交換を早めに。

ぶん回すと壊れにくいらしい、了解しました(笑)

KTMはレース用バイクでメンテナンスサイクルが短く壊れやすいんじゃないかというイメージがあって不安だったので調べたが、LC4エンジンは市販車向けに作られているらしく信頼性が高いようだ。あまりちゃんと調べてないので間違っているかもしれないけど。。

本当なら最新のKTM 690 SMC Rがいいが、なんと言っても高い。どうせ乗れば転ぶのだし、あんなにいいバイクを買うと気を使って楽しめない気がする。
時間なくてあんまり乗らないし。。。

FIのモタードは初めて。FCRやTMRのように気を使わずに乗れるのかなと思うと楽しみ。
20万、車検と配送料を含め約25万で12年前のバイクだが十分にハイスペックな車体のはず!
なんで安いんだろ。人気無いのかな。古いからかな。まあちょっと外装ボロイし。いいバイクだと思うんだけどなぁ(まだ乗ってないけど)