log

日記です

sam local start-apiで Invalid API Gateway Response Keys: set([u'multiValueHeaders']) が出るとき

今の最新バージョンは、sam local start-apiコマンドに multiValueHeaders 対応が入っていないというバグがあるっぽい。

ローカル検証用に起動するコマンド
sam local start-api
samのバージョン
sam --version
SAM CLI, version 0.16.1
対処方法

未だリリースはされていないが、developブランチには修正pull-requestがマージされている。
brewを使って最新のソースコードを使用してビルドする。

brew uninstall aws-sam-cli
brew install --HEAD aws-sam-cli

ここで言及されている。次リリースされるらしい。

github.com

Goだと多分全部のリクエストでコケる


なるほど。他のruntimeはどうかわからないが、Goを選択した場合APIGatewayProxyResponseのMultiValueHeadersにomitemptyがついていなくて、いかなる場合でもresponse bodyにmultiValueHeadersが含まれて全部のリクエストでNGになってしまう感じか。これomitemptyつけてもいい気がするけどな。

github.com

おそらく他のランタイムだと multiValueHeaders キーを作らずにresponseを返すことができて、その場合はエラーにならないから気づかかなかった and 修正の優先順位が低かったとかなのかな。(違うかもしれないけど)

新規は大変だ

後でちゃんと言語化するかもしれないがとりあえず。

新規案件は大変だ。

迂闊に請け負ってはいけない。

矛盾のないシステム、機能設計を行うにはそのことについて深く考えた時間が大事だと思う。知らんけど。70%ぐらいはいつものRails+React or Vueのノリで行けるだろうが、機能仕様を考える and そこからbackendとfrontendを設計するのはなかなか大変。めんどいし、試合が長引くとモチベーションが下がる。

普段のノリで実装・設計できるところ(フレームワークに乗るところ)と、今回の要件に特化した部分、それと骨子の部分は分けて考え、合格点を出す程度には思考を煮詰める必要があるなと思った。

一人でやっていると(一人ではないけど)、モチベーションと体力と思考範囲の問題で100%のカバレッジを出せない。普段のノリ開発が得意な人、要件特化の設計が得意な人、骨子の設計ができる人、またそれぞれをオーバーラップする人が2,3名いて、誰かモチベ下がってもほかが走っていくぐらいのノリで進められるプロジェクトがいいなって思った。

知らんけど。

新規は1.5倍で見積もりだすぐらいじゃないと割に合わないかもしれない。

世の中のリーンな開発者は優秀だな。結局MVP導入もエンジニアから提案しないといけないとなると、深い洞察が必要な気がするし、心折れずに提案していけるのはやはりソルジャーだと思う(日本語が全て適当)

そしてやっぱりSPAしんどいわ。。次から言われてもいないのにSPAで作るのはやめよう。

勇気づけられ

「アパート買ってみたいんすよ…」という話をちょいちょい人にするように最近なったんですが、聞けば意外と周りに不動産持っている人いることがわかった。
地元の不動産営業をしている友人は自宅件アパートを買った、正確には建てたらしい。
外資の証券会社勤務の人は都内にいくつか一棟マンションを持っているらしい。これはガチすぎて真似できないけど話は聞いてみたい・・・。いくらで買って、利回りどれぐらいで、年間のCFはいくらでどこの不動産屋から買ったのか、指値は入れたのか、ローンはどこで組んで金利は・・とか、そういう生々しいことって聞いていいのかな。今度アルコールが入っているときに聞いてみよう。んー流石に失礼か。ビール20杯ぐらい飲むことに成功したら聞いてみよう。
聞いたところでどうするんだって話だけど、いざこの物件買うぞってときにトラップが無いか相談させてもらえる仲になりたい。

Anycaを使ってみた

多分一度貸してしまえば、見知らぬ人に貸すことの障壁が下がるんだろうな。全然嫌そうじゃなかった。むしろまた借りてくれと(高いから借りないけど)

  • オーナーさんによってはいちいち対面で会わなくても貸し借りできるようにしてくれる
  • 意外とやり取りがスムーズ
  • オーナーさん全然小うるさい感じじゃなかった
    • 彼らの大事な車を貸すので、神経質な人だとめんどくさいなと思った
  • 彼らも儲けたいので、全然借りてくれって感じだった
  • 高級車とか趣味性の高いクルマを借りれるというのが個人的なメリット
  • ベンツGクラス借りた
    • 回転率高いそうなので、安めのGクラス買って貸し出してキャッシュフローだすのありなんじゃないかとさえ思った。
  • うっかり欲しくなって買ってしまう前に、こういうサービスで借りて欲を満たして物欲を消化しておくのよさそう
    • 買った瞬間にこんなもんか、って思ってしまうんだよな…。
  • 車両保険がMAX 300万だったかな。高級車を廃車にしたら終わるなと思った。

不動産の面談行った

いわいる区分マンションを売りつけるようなところではなく、地方〜都内の一棟アパートや戸建てをメインに扱う不動産屋さん。特に千葉がつよい。健美家で見つけてよくウォッチしていたので先週末凸ってみた。

得たものとしては、銀行から効率よく融資を引くやり方、政策金融公庫の使い方。

物件情報は正直見てもよくわからん。

「現金で買えるぐらいの戸建てを練習で買いたい」と伝えたが、木造アパートを中心におすすめされた。「なるほどですね、いいと思います」という言葉から入ってきたので、頭ごなしに否定から入らないその姿勢さすがやな、と思った。それぐらいで買える田舎の戸建ては買っても銀行の評価がつかないので、買い進めていくスピードが落ちるとのこと。あとすごく田舎に買うので、客付けが大丈夫か?という勇気がいるとのこと。
千葉の田舎の方のアパートだと、利回りはいいがのんびりしているので繁忙期だから客が付くというわけでもなく、え、こんな時期に?というときに決まったりするので気長に待つ必要があると言っていた。

サラリーマンはノンバンクやで、と。地銀?都銀?は年収1000万以上かつ現預金3000万以上の、地主やお金持ちを相手にするおビジネスをしているとのこと。

O銀行が年収の10倍、T銀行が共同担保を入れれば融資してくれるとのこと。O銀行で購入して、それを共同担保にしてT銀行から借りていくというのがおすすめらしい。

今すぐ始めるということはしないし、今後も始めるかどうかはわからないけど知識や思考は積み重ねていかないといけないのでメモ。

いい物件があれば買いたい、とは思うが基本的には業者も市場価格で出してくるのでそういうの無いなっていう印象。時々、専門ではない業者が出品するお宝を、健美家や楽待をにらめっこしてたまーにでたとき速攻で購入していくという技があるっぽいが、素人のわしにはむずいな。物件速報slackでも作りたいところ。

(健美家の取締役って元リクルート(SUUMO)と元DeNAの人なのか)

なんか遊びで区分マンションを売りつける業者にも会ってみたいな。ほんとにキャッシュアウトする物件進められるのかな。