読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

log

日記です

片面呈示と両面呈示

雑記
  • 片面呈示
    • 欠点を隠し、長所のみをアピール
  • 両面呈示
    • 長所をアピールしつつ、欠点も打ち明ける

一般的には両面呈示が良いとされている

ただし、片面呈示が効果的な場合もある

  • 元々賛成の態度を持っている場合
  • 相手が判断能力が弱い場合

押せ押せ片面呈示

なるほー!
オレの場合だと、くそまじめに両面呈示で良い物だけを紹介してきた。
が、情弱さんには片面呈示でこっちから結論づけていく方が効果的
確かに!!
自分で決められないやつには「これが良い!みんなこれ買ってるよ!おすすめアル!後悔はさせない!」とかいって行くべきだ
下手に両面呈示すると「うーん、そっかー。どうしよー。」ってなる

だまそうとしている訳じゃないんだし

技術屋さんになったけど(たぶん)、接客業も楽しいぬ。

最近見た場面

片面呈示の営業さんが打ちのめされていたのう、うちのボスに。
どんます。
あんなときにもっと粘りたい、もう一つの手を持って置きたい手としては
「ぐはぁーさん、、、だいぶお詳しいんですね。私も腹を割って話します。ぶっちゃけた話なんですけど・・・(欠点を話す)しかしそれでもメリットが勝ります!」
とか言っちゃえば、詰み!!じゃ無くて後一歩攻めれたかもしれんぬ。
まぁ、あれは無理だと思うがw

まとめ

いらんことはいちいちしゃべらないのが吉。