log

日記です

ちょっとわかってきた

Struts2の要はActionクラスとインセプター、あとアノテーション

Actionクラスのオブジェクト、つまりフィールドはJSPから参照することができる。
Actionクラスにでかでかとデータを書いていくのはナンセンスなので、Modelオブジェクトに吐き出すのがイケメン。
データの永続化、DBとのやり取りは面倒見てくれない様子(もしかしたらそういうのあるかもしれないけど)
Conventionプラグイン使うと、CoC力が上がってよりよりフレームワークらしくなる(命名規約など強化される)

今日のわかったをメモ

これはたぶんです。まだ確信つかめてないけど、たぶんそうだろうって感じ。
やわらかい情報。すぐ抜けそうなのでメモる。

  • CodeZine神サイト、あっちにStruts2の情報ありすぎ
  • Actionクラスのオブジェクトは、ValueStackに置かれる
  • ValueStackという場所があるおかげで、jspから値を参照できる(ActionクラスとViewの橋渡しエリア)
  • ModelDrivenを使えば、Actionクラスからデータを追い出すことができる
  • ModelDrivenのオブジェクトは、ValueStackに置かれるためjspから直接参照可能
  • jspから参照するには、って感じ
  • あと、getter,setterは右クリック一発作成だから手間じゃない(コードが汚くなるぐらい)
  • ActiveObjectsとかゆーActiveRecordJava版がある(まー今回は使わないだろーな)
  • conventionプラグインよくわからん、codebehindで対応しておく(既存システムのStrutsのバージョンも気になるので、codebehindっとく。)
  • Struts2って、モダンだよたぶん、sturtsの古そうなイメージと違う。CoCの概念持ってるし。jQueryプラグインもあるので、ちょっとajaxなにおいを出したいときにかるーく使えるかも。
  • データアクセス系、ORMとかはもっていない。CakePHPとかだとCRMもってたからStruts2ももっていると思っていた。ORMはフレームワークの範疇ではないのかもしれない。
  • ActiveObjectsHibernate、もしくは男らしくJDBCでいく。

うし

Struts2の要はViewとActionクラス(二回目)
ActionクラスからさらにModelクラスを作ったり、
DAOを作ったり、っていうのは自分で。
ネット見た感じだとSpringとHibernateを組み合わせてStruts2使っている人もいるっぽい
正直Springは何ができるのかわかんない。
今はCodebehind使っているけど、Conventionのほうが高性能っぽいなー!
頭を移行したい。