log

日記です

IPフラグメンテーションと最大セグメントサイズ

なんか聞かれたので、答えてみた。

  • IPフラグメンテーションが起きても、TCPのシーケンス番号は増えたりしないよね
  • なんで?
  • まじか!
    • レイヤー2の最大データ転送量のことをMTU(Maximum Transmission Unit)
    • レイヤー4で作る最大のセグメントサイズのことをMSS(Max Segment Size)
    • とか言うんだぜー
  • 誰がやってんの?
  • 上位レイヤは下位レイヤ(逆も然り)を全く意識せずにすむんじゃないんですか?ねぇ?
    • んー確かに、異なるMTUの異なるプロトコル間の通信では、”今からデータ流すぜ"ってところのMTUを知らないといけないっすねー…。たしかにIPセグメンテーションにそのしわ寄せが来ている。でも、IPフラグメンテーションっつー機能があることで、異なるプロトコル間の通信が行える、と思えばOKな気が。。実装する装置(ルーターとか)なら、双方のインターフェースを持つから、規格の事は十分に知っているし。SDH網とEthernet網を横断しようが、L4やL7には関係ないから、"上位レイヤは下位レイヤを全く意識せずにすむ"と言える気がする。そもそも規格が違うので、その差の吸収は誰かがしないといけない、その吸収を上手くやるために階層構造にしていると思うぞい。
    • んーポリモーフィズムを適用しても全体のコードの量が減らないように、しわ寄せは誰かに行く。等価交換の考え方を持ってくると、それはしょうがないんじゃないかなー。なんて思うけど、難しい!これはなんか自分も納得いく答えがでなかった…。言い訳臭い回答になった。

次課題

CIDRとVLSMの違いって何?
30分ネットワーク見ればわかる気がする。
けど、今は読む気しないのでとりあえずメモだけ残すのさー

30Minutes Networking
http://www5e.biglobe.ne.jp/aji/30min/index.html

#誰かチョコと愛をください