読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

log

日記です

slackとbitbucket、trelloを連携してみた

dev

感想:すごく簡単

slackに言われるがままに設定すれば完了します。

手順アウトライン

1. 通知用の部屋を作る
2. Add an app or custom integration をクリックし、連携画面を開く
3. slack画面に従って設定をする
4. bitbucketでwebhockの設定をする

手順

1. 通知用の部屋を作る

「notification」など、通知用の部屋を用意します。

2. Add an app or custom integration をクリックし、連携画面を開く

画面の上部にAdd an app or custom integrationというリンクがあります。クリックするとブラウザが開きます。
f:id:ariteku:20160107170900p:plain

検索の窓にbitbucketと入力し、選択します。
f:id:ariteku:20160107170924p:plain

3. slack画面に従って設定をする

bitbucketからwebhockで通知をもらう仕組みのようです。

4. bitbucketでwebhockの設定をする

webhockのurlが発行されるので、bitbucketの通知したいリポジトリ毎に設定します。

完了

ついでにgithubも設定してみました。bitbucketとは違い、githubとの認証を通すことで、githubのページを開くことなく設定が出来ました。こんな感じで通知が流れてきます。

f:id:ariteku:20160107171006p:plain
trelloも同じように行います。
画面が分かりやすく、特に迷うことなく出来ました。
non programmingで連携できるのがcoolですね…!