log

日記です

re:dashをアップデートした

所感

fabricでスクリプトが用意されていて、かなり簡単にアップデートできた。
アップデート時にはデータのマイグレーションが必要な場合がある。

事前準備

# fabric install
sudo pip install fabric requests

# fabric code download
wget https://gist.githubusercontent.com/arikfr/440d1403b4aeb76ebaf8/raw/ea1e3955f660b4448db7af8f69dc27ac0993abfd/fabfile.py

手順(コマンド実行)

# 最新アップデート
# Apply new migrations? (make sure you have backup) [Y/n] と聞かれるので Yes と答える
# Noと答えると旧バージョンのQueriesやDashboardが表示されなくなる
fab -H ${HOST} -u ubuntu -i ~/.ssh/unisize-server.pem deploy_latest_release

# ダウングレード
fab -H ${HOST} -u ubuntu -i ~/.ssh/unisize-server.pem link_to_current:version_name=redash.0.10.1.b1834

# Restart
fab -H ${HOST} -u ubuntu -i ~/.ssh/unisize-server.pem restart_services

終わり

整備されてていい!